どんな家に? その1

建てる計画のあるなしにかかわらず、誰でも、こんな家に住みたいとか、あんな家が素敵とか、心のどこかにあるもの。
その上、TVや雑誌、広告で、色々な情報が、絶えず入って来るわけで。
バリアフリー、高気密高断熱住宅、輸入住宅、オール電化、太陽光発電、2×4、ラーメン構造、ローコスト、シックハウス、床暖房、システムキッチン、ウォークインクロゼット、パティオ・?・?・?・?・エトセトラエトセトラ。

私も、今度、住むならなんて、とりとめもなく、夢を抱いていた・・・はず。
でも、結局、選んだのは、最新設備とはほど遠い、昔ながらの造りの家でした。
システムキッチンもなければ、朝シャンする洗面台もない、玄関ホールもない、IH対応の鍋も必要無いし、屋上で象も飼えないし。
なんだか、時代と逆行してるようです。

日本の無垢の木の構造体の美しい、天然素材にこだわった、手作りの家!と言ってしまえば、今度は、エコロジ−時代の先を行くような選択にも思えるのだけど、
私としては、そんな、大きな思想を掲げているわけでもないのです。
何なんでしょうねえ。

d0053605_1810722.jpg最近思うに、今の時代に着物を楽しんで着るっていうのに、近いかな。上手く、説明出来ないけど。
着物が似合う家になることだけは、確信できるもの。


これは、ツキヌキニンドウ、スイカズラの仲間ですが、こちらは園芸種だから、
ちょっと、ドレスアップしてます。

by madokae | 2005-06-19 18:17 | 伝統工法の家づくり


<< 派手な夏帯 6月は忙しい >>