着物の直し

d0053605_1116422.jpg
やりかけの銘仙、朝顔柄の単。袖丈詰め、裄だし、終わりました。
といっても、もう、薄物の季節だし、朝顔柄じゃあ、来年までおあずけですね。

もう一枚は、麻のようなのに、絹の薄物。
着物に詳しい人曰く、「疑麻」ぎあさというのだそう。
昔は、麻を、薄く加工する方が、手がかかったので、絹でそれ風に織ったんだって。
これも、袖丈詰めが、片方終了。後もう一方と、脇のほつれなどを直せば、これは、これから着れそう。
でも、薄物だけでも、直さないと着れない物が何枚もあって、なんだか、追われるよう。
何かと、忙しくて、なかなか、時間が取れなくて、進まない現状です。
by madokae | 2005-07-11 11:20 | 着物


<< 夕方からお出かけ ブレックファースト >>