2005年 08月 31日 ( 2 )

午後からとうやへ

d0053605_162274.jpg神主さんの家から帰って、昼食後、大急ぎで着替えて、とうやへ。
今日は、タイのマットミ−織りの浴衣に半襟を合わせ、改造裂き織り半幅。
ビーズのトンボの帯留。
d0053605_15573163.jpg
   ‖‖
   ‖‖
 ————: 
   ‖‖
   ‖‖        


d0053605_15292658.jpg
すっかり、陶芸にはまった、面々が製作中。




d0053605_15304426.jpg


今日は、写真があまりありませんでした。


d0053605_15315142.jpg






新しい土地に移植した、レモングラスが、とても大きな株になったのに、
手近にないので、使っていませんでした。
お土産に持参しました。(偶然にもタイの織りの浴衣でしたね。)
ハーブティーにしたり、紅茶にブレンドしたり、タイ料理に使ったり。
菖蒲湯のように湯舟に浮かべるのもいいです。<
by madokae | 2005-08-31 15:39 | 着物

神主さんの家に行く

私の住む周辺には、小さな神社が、結構、あるのですが、
どこも無人のようで、
地鎮祭をするにあたって、どこにお願いするのか困りました。
ネットで、やっと、周辺の神社リストを見つけたところ、
1人の宮司が、何ケ所もの神社を兼任していることがわかり、
現地の近くの神社の神主さんとコンタクトが取れました。

バス停一つ手前の「白鬚神社」の隣に、
神主さんの家があり、昨日、相談に出かけました。
設計のO君も一緒。

竹、榊、神主さんの家から、当日、切ってもらうことになり、まずは、安心。
杭や、荒縄は、O君のところで用意。
うちは、テーブルと鎌、鍬、鋤(すべてあるところが、すごい)
お供えもの(果物、野菜、洗い米、塩、酒、魚、昆布、するめ等)

なんとか、用意の段取りがついて、一安心。
by madokae | 2005-08-31 15:28 | 伝統工法の家づくり