2005年 11月 26日 ( 2 )

ケーキ、大量に焼いてます。

d0053605_21591052.jpg四角いのは、洋梨のモイストケーキ、カテ−ジチーズと生クリーム入りのしっとり系。
奥の黒っぽいのは、ボローデルティーブレッド、レーズンたっぷりの英国の古いレシピのケーキで、薄く切って、バターを塗って食べると紅茶にあうの。
丸いのは、トマトのスコーン。甘くないトマト入りのスコーン。
焼き上がったものを、密封冷凍して、保存して、3日に売ります。

d0053605_2223861.jpg
キッチンは、粉まみれで、戦場のようです!
長年、続けているので、慣れたもんで、一日で、3、4種類くらい、焼けます。
クッキーなどは、種まで作って、冷凍し、直前に焼くようにしています。

d0053605_2284588.jpg
キッチンエイド。これが、私の秘密兵器です。
ケーキはもちろん、パン用の羽根でパンも麺類もこねることが出来ます。
アタッチメントをつければ、ひき肉を挽いたり、ソーセージを作ったり、スパゲティを製麺したりも出来ます。
このスケールも大分、長い付き合いです。
ケーキは、科学変化だから、分量は、正確に計ります。

後ろのメモは、大量に焼くので、分量を計算したもので、手順もメモってあります。
これが、本をいちいち開けないで済むので、意外に、便利なのです。
手前のケーキ型は、もう何十年も使っている、年季のあるものです。
かなり、沢山持っています。
by madokae | 2005-11-26 22:22 | 手作り

庭の解体は続く・・・。

d0053605_21164252.jpg玄関先のツゲの木、旦那のお母さんの形見なので、ココに引越して来る時も、持って来ました。
またも、お引越しです。
常緑樹は移植の前、3ヶ月前に根を切るといいというので、根をぐるりと切りました。
根元に、鳥からのプレゼントのピラカンサが、生えているので、一緒にするしかありません。
どうしたものかなあ・・・。
一回、抜いて、埋め戻し、細根を育成するのが本当なのですが、横の根を切るのが、私の力では精一杯でした。まあ、なんとかなるでしょう。
d0053605_21231991.jpgこちらは、月桂樹の木、トピアリ−仕立てです。こちらも、根を切ってあります。
これも、植えた時は、60センチ位でしたが、12年経って
こんなに大きくなりました。
月桂樹は、移植に弱いとか、心配だけど、トライします。
d0053605_21265798.jpg大物の鉢上げもボチボチ始めました。落葉樹は、葉が落ちて休眠期が、移植の時期です。
こちらは、バラの原種のスイートブライア。
かなり深く根が張っていて、苦労しました。
思ったより、根を長く掘れなかったので、上の部分も思いきり剪定してしまいました。
葉がイイ香りがしますが、すごい棘の持ち主で、手が傷だらけになりました。
隣の、アーチに絡まるバラも掘る予定ですが、先が思いやられます。こちらは、まだ、花が咲いているので、もう少し待つつもり。
d0053605_21344027.jpg
花壇の物も、ほとんど、鉢上げしたり、新しい土地に移植しました。自分でも、よく集めたものだと感心します。
水仙などの秋に掘り起こした球根も沢山あります。
どうしたものかと思いましたが、移植した鉢のあちこちに突っ込んで、引越すことになりました。
掘ると、土が、ずいぶんよくなっているのに気がつきました。12年の成果だなあ。
大物だけが、残ってしまいました。

d0053605_21394825.jpg
花も咲き、寒くなって葉の色が冴えて来たリシマキアの間からでているのは、スイカズラ。思いきり刈りつめてしまい、後は、掘り返すばかり。
大変そうだあ・・・。
d0053605_21424526.jpgこちらは、クレマチスが、2種からまっています。クレマチスは、移植が難しいのですが、果たして、上手く引っ越せるでしょうか。
そんなに、珍しい品種ではないのだけど、長年、付き合っているので、置いていくのも忍びないので。一応、保険として挿し木もしてあるのです。

そんなわけで、ココ何日かは、暖かい日が続いたので、庭の引越し準備をしています。
by madokae | 2005-11-26 21:56 | ガーデニング