カテゴリ:ガーデニング( 25 )

アマリリス

d0053605_059776.jpg

庭は、引越しモードで、さびしいので、よくあるオランダ産の鉢入りのアマリリスの球根を部屋に置いておきました。
暖かくなると、ぐんぐん茎が伸びて、大きな花が、4個も咲きました。
いやあ、水だけで、こんなに立派な花が咲くなんて、よほど、イイ球根なんだなあ。
来年は、たとえ、夏越ししたとしても、こうはいかないでしょう。

d0053605_153913.jpg花は、サーモンピンクの美しい花。見れば見るほど、端正な作り・・・と感心するが・・・。
この、茎の長さは、異常だ。
花の重みで折れやしないか、何かの拍子に、ぶつかって折ってしまうのではないかと、
ひやひやする。
葉っぱがないせいもあるけど、鉢とのバランス悪いなあ。
それでも、ひと回り大きい鉢をかぶせてあるのだけど。





4月6日に引越し決定!
忙しくて、なかなか、アップできませ〜ん。
by madokae | 2006-03-22 01:12 | ガーデニング

庭の解体は続く

d0053605_1455314.jpg先日、アップしたアーチのバラを、掘り起こしました。
先週、急に気温が弛んだ日、今日しかないと、意を決して決行。
アーチの下の石畳を剥がして、アーチを抜くことから始めました。
この石畳は、庭を作るにあたって、掘ると出て来る沢山の石を
パズルのように並べて、深さも石の厚みに合わせて、一つづつ敷いたもの。
剥がしてみて、我ながら、マメなことしたもんだと感心しました。
敷くのは大変だったけど、剥がすのは簡単でした。
アーチも難無く抜けました。

d0053605_1510212.jpg
大変だったのは、バラの根を、なるべく切らずに掘り起こすことでした。
土の柔らかい部分は、50センチくらいで、その下は、石まじりの土、
まるで、山芋掘りのようで、根の周りをコツコツ掘るはめになりました。
結局、隣に植わっているヤマボウシの根と絡まっているので、
ヤマボウシも一緒に掘ることになり、6時間の作業となりました。
それでも、完全に先まで掘り起こすことは出来ず、根を切ることになったので、
樹の体力保持のために、上の茎の部分を切り詰めました。
せっかく、伸び、来春の目が沢山ついている、つるを切り詰めるのは、
勇気が入りました。
(心配で、切り詰めた枝を、手持ちの野バラに継ぎ木してみたけど、
本を見ながら、始めての試みで、自信はありません。)
大きなプランターに植え込みました。防寒のため、藁を敷いて、
今後、春までは、乾燥に注意が必要。

今は、休眠中なので、ちゃんと根がついたかはっきりするのは、
芽が動き始めないと分からないのが、辛いところ。

d0053605_1515890.jpg
アーチの反対側に植わっているのは、
イングリッシュローズのメアリ−ローズと、斑入りのスイカズラ。
こちらまでは、手が及びませんでした。小さくまとめておきました。
スイカズラの方は、挿し木してあるから、ダメになってもいいけど。
by madokae | 2006-01-20 15:22 | ガーデニング

恵みの雨ですね

庭も畑も、カラカラで、気を付けないと、
寒さではなく乾燥のため、枯らしてしまいそうな日が続いていました。
特に、今年は、引っ越しのために、鉢に上げた物が多いので、
心配です。
大分、ダメージを受けた物もあって・・・・。
d0053605_1950018.jpg
画像は、一昨年の6月の庭。
アーチのバラ。(ちょっと、小さかったな)
去年は、だいぶ刈り込んでしまったので、こんなに花をつけませんでした。
このバラも、去年の休眠期に入った、12月に掘り起こす予定でしたが、
例年より寒くて、土が凍ってしまって、断念。
春先に掘り起こすつもりですが、心配です。
アーチも石畳も撤去しないとならないから、私1人では無理でしょうね。
それに、家の方も大詰めになる頃だしね。
このバラ以外にも、昨年中に掘り起こしたかった、落葉樹が何本もあります。
肋骨、折っている場合じゃないよ〜。


d0053605_2082875.jpgこのバラは、ハーブに凝っていた、ガーデニング始めたばかりの頃に買ったもの。
ハーブの通販で、原種のバラと言うコーナーで見つけました。
とても丈夫で、一重のかわいい花が沢山つき、実もかわいいので、大事なんです。
by madokae | 2006-01-14 20:12 | ガーデニング

庭の解体は続く・・・。

d0053605_21164252.jpg玄関先のツゲの木、旦那のお母さんの形見なので、ココに引越して来る時も、持って来ました。
またも、お引越しです。
常緑樹は移植の前、3ヶ月前に根を切るといいというので、根をぐるりと切りました。
根元に、鳥からのプレゼントのピラカンサが、生えているので、一緒にするしかありません。
どうしたものかなあ・・・。
一回、抜いて、埋め戻し、細根を育成するのが本当なのですが、横の根を切るのが、私の力では精一杯でした。まあ、なんとかなるでしょう。
d0053605_21231991.jpgこちらは、月桂樹の木、トピアリ−仕立てです。こちらも、根を切ってあります。
これも、植えた時は、60センチ位でしたが、12年経って
こんなに大きくなりました。
月桂樹は、移植に弱いとか、心配だけど、トライします。
d0053605_21265798.jpg大物の鉢上げもボチボチ始めました。落葉樹は、葉が落ちて休眠期が、移植の時期です。
こちらは、バラの原種のスイートブライア。
かなり深く根が張っていて、苦労しました。
思ったより、根を長く掘れなかったので、上の部分も思いきり剪定してしまいました。
葉がイイ香りがしますが、すごい棘の持ち主で、手が傷だらけになりました。
隣の、アーチに絡まるバラも掘る予定ですが、先が思いやられます。こちらは、まだ、花が咲いているので、もう少し待つつもり。
d0053605_21344027.jpg
花壇の物も、ほとんど、鉢上げしたり、新しい土地に移植しました。自分でも、よく集めたものだと感心します。
水仙などの秋に掘り起こした球根も沢山あります。
どうしたものかと思いましたが、移植した鉢のあちこちに突っ込んで、引越すことになりました。
掘ると、土が、ずいぶんよくなっているのに気がつきました。12年の成果だなあ。
大物だけが、残ってしまいました。

d0053605_21394825.jpg
花も咲き、寒くなって葉の色が冴えて来たリシマキアの間からでているのは、スイカズラ。思いきり刈りつめてしまい、後は、掘り返すばかり。
大変そうだあ・・・。
d0053605_21424526.jpgこちらは、クレマチスが、2種からまっています。クレマチスは、移植が難しいのですが、果たして、上手く引っ越せるでしょうか。
そんなに、珍しい品種ではないのだけど、長年、付き合っているので、置いていくのも忍びないので。一応、保険として挿し木もしてあるのです。

そんなわけで、ココ何日かは、暖かい日が続いたので、庭の引越し準備をしています。
by madokae | 2005-11-26 21:56 | ガーデニング

解体中でも秋の庭


d0053605_14415468.jpg
引越しを控えて、大分、掘り返してしまい、
今年は、秋の庭の為に何もしていない。
ちょっと、淋しいけど、私が手をかけなくても、何となくそれなりに秋の風情。
ビバーナムと言う、白い小さなアジサイのような花の咲く木の紅葉がきれいです。
新しい庭では、地植えにして大きくして、花の時期、紅葉とも見ごたえのあるものにしたいな。

d0053605_15141726.jpg
寄せ植えにして、植えっぱなしの磯菊も咲いています。
赤いのはルリマツリだったかな。
自然の作った寄せ植えの妙。
d0053605_15173869.jpg
こちらも、もうすぐ部屋に入れるべき鉢。
引越しをコンパクトにするため、無理なまとめ植えしていますが、
こちらも、けなげに咲いています。
もう少しの間、我慢しておくれ〜
d0053605_15203058.jpgすごく丈夫で増え過ぎるのだけど、葉の色がきれいなラミュームピンク。
涼しくなって来ると、いっそう葉の色が冴えます。
冬の我が家の庭は、とても寒いので、淋しい限りですが、
これは、冬でも枯れないので、グランドカバーには、最適かも。
季節外れの花も咲いています。
掘り忘れたクロッカスの葉も伸びています。

d0053605_15255245.jpg母の形見の菊も咲き始めました。
今年は、ピンチを怠ったので、暴れ放題に伸びてしまいました。
いつも花を欠かさないようにしている、トイレのコーナーに。
羊は、原毛を丸めて作ったもの、いつも首をかしげています。
by madokae | 2005-10-30 15:33 | ガーデニング

秋の畑


d0053605_12513419.jpg紫蘇が片付いたので、キャベツと白菜の苗をやっと植えました。
黒いビニールは、マルチといいますが、雑草と乾燥よけ、昼間の太陽熱を貯えるので、成長が違います。
ただ、農家では、産業廃棄物となり問題になっているそうです。3ヶ月位で、土に還る物も出ていますが・・・。

d0053605_1303126.jpg
        まだ、元気なナス。
        花もいっぱいついています。
        今年は、すごく大きくなりました。
        特別の肥料のせいかな?

d0053605_1305310.jpg
        オクラもまだ、採れそうです。
        2本しか植えなかったので、
        1、2本づづしか採れないのが、
        使い道に困ります。

d0053605_1354750.jpg
Yさんから、もらった泥葱は、畑の隅に埋めて保存。
隣では、ニラの花が終わって、実をつけています。

d0053605_13122018.jpg
畑の隅で、大木になっているのは、たらの木です。
肥料が効き過ぎたかな。
ちなみに、イイ具合に写っているログハウスは、
我が家ではありません〜。
この畑は、以前の借りていた畑に道路が通ることになったので、
そこの土を運んで、作った、大きな花壇のような畑です。
山の痩せた土を10年かけて、堆肥などをすき込んで、
畑の土らしくした貴重な土ですから。
旦那は、この土も一緒に引越すと言っていますが・・・・。

d0053605_13182840.jpgこれは、アサツキ。庭のプランターに入って、引越準備OKの状態。
真冬と真夏以外は、ずっと使えるので、便利。
植えっぱなしで世話もかからないし、美味しいし。
by madokae | 2005-10-01 13:22 | ガーデニング

台風の前の静けさ?

我が家は、雨は降っているものの、風もなく静かな朝です。
TVでは、各地の豪雨の様子を、完全防備のアナウンサーが、しきりに伝えています。
上陸の見込まれている九州、予想外のゲリラ降雨に襲われた杉並区。
今回の台風は、なんだか不気味。大きな被害がでなければいいのですが・・・。
d0053605_1056310.jpg
我が家は、山に囲まれているせいか、
東京がかなり強い風が吹いている時も、
それほどではないことが多いのですが、
一応、庭を点検。
伸びた薔薇のツルを麻紐でくくったり、倒れそうな鉢を避難させたり。
咲いている薔薇も切って、家で楽しむことにしました。

d0053605_1113723.jpg




スタンダード仕立てのピンクの薔薇・・・名前が出て来な〜い!
黄色の蕾は、イングリッシュローズのブライト・スピリット、
沢山、蕾がついたけど、花は、いつもより、小さめ。
長雨で、すっかり地べたに寝てしまった、カラミントの枝を添えて。
お気に入りの食器棚の上に飾りました。

I have a garden of my own,
shining with flowers of every hue.
I loved it dearly while alone,
But I shall love it more with you.
   Tomas-More 1835

私の庭には色とりどりの花が咲きま す。
  ひとりぼっちの庭が好き。
でもあなたと一緒ならなおさらです。 トーマス・モア 1835

by madokae | 2005-09-06 12:10 | ガーデニング

小さい秋、見〜つけたぁ

d0053605_14545050.jpg
rii〜n、rii〜nnn

昨晩、キッチンで聞こえる、コウロギの声。
やっぱ、だなあ・・・
それにしても、ずいぶん、近くにいるんだなあと思ったら、
流しの中で、救出を求めてピョンピョン。
やっとの事で、捕まえて逃がしてやりました。
まだ、大人になる前の若造でした。
(ちょっと、写真も小さくし過ぎたけど)



d0053605_150236.jpg
そして、秋薔薇というには早いけれど、
最近、手入れを怠っているにもかかわらず、
大輪の薔薇が、咲いてくれました。
香水の会社名が付いた、『エブリン』という、
いい香りのイングリッシュロ−ズです。>
by madokae | 2005-08-24 15:17 | ガーデニング

庭のハーブが茂っています

結婚してすぐ、ガーデニングにはまった。
当時は、小さなオンボロ平家の貸家だったけど、庭は、とても日当たりがよっかった。「ハーブ」という言葉が、やっと、聞かれるようになった、25年近く前のこと。
私は、ハーブから、ガーデニングに目覚めたのです!
とにかく、ハーブと言うものは、苗、種、手当りしだいに取り寄せて、(当時は、通販ぐらいしか手に入らなかった)育てていた。
夏には、庭中が、カモマイルに占領され、お茶にしたり、リースを作ったり、染め物にしたり。

d0053605_1221211.jpgあの庭から、引越して来たハーブは、名栗の湿度の高い環境に合わないものは、消えてしまったが、
今でも元気なものが、沢山ある。
もはやタイムやローズマリーのない生活なんてありえない。
ハーブは、欧米では、野山に自生する薬草が多いから、環境さえ、気に入ってくれたらとても強い。
ミント系は、その最たるもので、他の物を侵食する、困り者でもある。
こういう場合は、使うしかない。でも、ミントティーじゃあ、量が知れてるので、ばさっり切って、ミント風呂となる。
このお風呂は、夏限定。
だって、上がった後、スースーするのだもの。


d0053605_1220120.jpg

日本のハッカ、アップルミント、レモンバームは、お風呂用に。
ピンクの花がかわいいオレガノ、黄色の花のセント.ジョワンヌ・ワート、白い小花のカラミントは、ワイルドなアレンジで、部屋に飾りました。





d0053605_12281066.jpgそして、もう、3、4年、植えっぱなしのカサブランカが、咲きました。
忘れずに、決まった季節に、芽をだし、花を咲かせる・・・良く考えると、不思議。
自分が植えたくせに、
花の方に、『おおっ!もうそんな季節なのね。』なんて、
教えられることのなんと、多いことか。
by madokae | 2005-07-30 12:34 | ガーデニング

今日の収穫

d0053605_19412423.jpg旦那の実家の所沢に行ってたので、PCは2日ぶりです。
あっちこっちのブログや掲示板をのぞいて、やっと、自分の所に辿り着きました。

なんだかんだと忙しくて、あまり、手をかけていなくて、
草ボウボウながらも、畑の野菜が、採れ始めました。
胡瓜は、曲がっているけど、採れたては格別です。夏の間、100本は採れます。
胡瓜に追われる毎日、漬け物にしたり、ピックルスにしたり・・・でも、自家製味噌でかぶりつくのが、一番ですね。
うちの胡瓜が終わったら、秋冬は、まず胡瓜を買うことはありません。
採れたて露地胡瓜が美味しいって言うのも理由だけど、夏の間、食べ過ぎるせいもあるな。

トマトは、まだ、ミニの方しか赤くなってきません。
茄子も採れたんだけど、もう料理してしまいました。
こちらも、シンプルに炒めて、だし醤油に漬けて、冷やして、おろし生姜で食べることにしました。

後は、南瓜、唐辛子など。以前、赤ちゃんだった紫蘇は、雑草のように、ボウボウ。食べ切れない。
by madokae | 2005-07-03 20:01 | ガーデニング