カテゴリ:ガーデニング( 25 )

梅雨空ですね。

d0053605_1316261.jpgベランダから撮った、今の庭。
引越しを控えて、少しづつ、掘り起こしては、プランターやトロ箱に移植してます。
レンガも剥がして持って行く予定。ちょうど、古びていい感じになっているので、おいて行くわけにはいきません。
それに、レンガって、いざ、使おうと買いに行くと、結構な出費になるんです。この庭だけでも、200枚近いもの。

右上の紫陽花がお気に入りのアナベル。イイ色になってきました。
いつか、引越すだろうという気持ちがあったので、鉢植えが多いですね。
鉢植えの引越だけでも、大変ですが、地植えの移植が、一番やっかいです。
落葉してからの方が、安全なので、晩秋は、忙しくなりそう。
写真の大きなヒメシャラの木は、無理なので持って行きませんが、他は全部、持って行きます。(持って行きたい〜)
50センチ位から、育てた、大切な財産ですから。(大きな木は、高くて、今さら、なかなか買えませんし)
by madokae | 2005-06-22 13:34 | ガーデニング

アーチの薔薇が咲きました。

d0053605_19046100.jpg
すいかずらとバトンタッチで、アーチの薔薇が咲き始めました。
これは、ここに引越した時に、ハーブ屋さんの通販で買った、原種の薔薇。
丈夫で、つる薔薇ではないけど、引っ張ったら、うんと伸びました。

d0053605_1914285.jpg



引越の事を考えて、アーチの天井まで届いていたのを、昨冬、思いきり剪定したので、ちょっと、かっこわるいかな。
でも、花付きは、すこぶる良いみたい。
蜂が、一日中、訪問しています。写真で分かるかな。
自分の育てた花に、蜂が来るのって、うれしい。
なんか、誉められているような気がして。
蜂のブ〜ンと言う音とほのかな香りが、心地よいです。
by madokae | 2005-06-14 19:08 | ガーデニング

紫蘇の赤ちゃん

d0053605_1345150.jpg
畑のあちらこちらに、こぼれ種からの青紫蘇が、出ています。
3株もあれば、事足りるので、間引きを兼ねて収穫。
小さくても香りは一丁前、しかも、柔らかくて美味しい!
畑をやっていると、よそでは売っていない、嬉しい収穫があります。

●携帯から投稿できるというので、試してみました。
by madokae | 2005-06-09 13:04 | ガーデニング

梅雨時に薔薇が咲く

d0053605_14273486.jpg
薔薇の咲く時期と、梅雨が重なるのは、悲しい。
せっかく咲いた花も、ゆっくり眺められないし、短い命が、余計短くなるもの。

我が家は、山と川に挟まれた土地柄、湿度は高いし、日照時間も少ないので、薔薇にとっては、よい条件とは言えない。
基本的に、私の庭は、シェードガーデン。
こう、胸を張って言えるようになるには、かなりの時間と経験と出費が費やされたと思う。
誰でもそうだと思うが、新しい庭を手にしたら、花でいっぱいにしたいと夢見るのが常。本の写真や、園芸店の花々に心奪われ、苗や種を買い込み、それなりに、自分の頭の中で花園を構想して、庭の土を掘り起こす日々。
しかし、やがて、自然と生き物相手、そう簡単に思い通りにならない事を思い知らされる。
日陰の庭に植えたカモマイルは、力なく伸びるばかりだし、いつも湿っている土は、デルフィニュームの青い花を拝ませてはくれない。

ここに引越して10年余り、試行錯誤の上、土地に合ったものを上手くコーディネイトするのが、一番と悟った。コレは、長いガーデニング経験のたまもの。
私の庭は、緑豊かな、しっとり静かで、優しい香りのシェードガーデン。
今年が最後なのは、やはり、さびしいかな。

d0053605_14554223.jpgすいかずらの花を摘んで、紅茶に入れて、無情の雨にうたれる薔薇を眺めて・・・・
by madokae | 2005-06-04 15:01 | ガーデニング

はじめに

すいかずら・・・・
冬を葉を残したまま越すので忍冬(にんどう)とも言われ、英名はハニ−サックル。
梅雨に入る頃に、白い控えめな花をつける、蔓性の植物です。
地味な花ですが、その香りは、何とも清々しく甘く、私が、この世で一番好きな香りです。
ちょうど、今、咲いています。
この時期の湿り気を帯びた空気の中、庭がその香りに包まれます。
花の時期は、ホントに短いのですが、ちょうど、薔薇も咲き出す頃ですし、用もないのに、庭に出ては、深呼吸して、ささやかな幸せを感じています。

d0053605_18154132.jpg
私の家は、周囲を杉山に囲まれ、近くを川が流れると言う環境。都心に出るには、2時間位かかる場所です。
ココに引越して、11年になろうとしている今年、近くなのですが、また、引越しすることになりました。
今度は、土地を買って(全くの荒れ地です)、家を建て、庭を作ると言う、一大イベント。
目下、心配なのは、10年余り経て、集め育てた、樹木や草花の引越しです。
今、一番、庭が美しい時、10年で、それなりに成熟した庭を前に、ちょっと、惜しい気持ちと、新天地への期待が交錯する毎日です。
by madokae | 2005-06-02 18:23 | ガーデニング