カテゴリ:うちのごはん( 23 )

アジアンデザート

d0053605_14215473.jpg

雨期のような梅雨、いきなりの暑さ。
日本も東南アジア化してるのでは?
以前に行ったタイを思い出します。
タイには、怪しい(?)食物がたくさんあって、興味深かった。

そんなわけで、この夏は、アジアンデザートにはまりました。
ナタデココ、アロエ、タピオカ、白玉、くずきり。
フルーツのシロップに作りおき、いろいろ組み合わせて、たのしみました。
今日は、ココナツミルクにタピオカ、マンゴ、クコの実、あんこ。
ココナツミルクとあんこの組み合わせが、絶妙。
タイのクラクラする日差し、ムッとする空気の匂い。独特の言葉の喧騒 。
ふっ、と蘇ります。
by madokae | 2006-08-23 14:21 | うちのごはん

2月14日

d0053605_2034495.jpgこの日に、胸をときめかせたのは、遥か昔のことですが、
毎年、なぜか作る、アーモンドのカラメリゼ。
要するに、自分が好きなんだな。
フランスのトリュフと並ぶ、チョコレートのお菓子。
アーモンド以外にも、ヘーゼルナッツや松の実なども美味しいよ。
オーブンで空入りしたアーモンドに、キャラメルがけして・・・一粒づつ、くっつかないように冷やし、

d0053605_2036126.jpg溶かしたチョコレートを、少しづつかけては、混ぜ、固まったら、またかけてを5、6回して、チョコでコーティング。
チョコは湯せんで50度以上上げてはならない。
溶けたら、今度は氷水に、ボールの底だけ付けて25度まで下げる。
次に、湯せんに3秒つけては、温度を見ながら、32度まで上げてから、回しかける。
温度計とにらめっこです。
チョコレートは、温度が大事。


d0053605_20474386.jpg
仕上げに、ココアパウダーでお化粧して、かくして、ギリチョコの出来上がり。
忙しくて、ホントにギリギリ間に合ったってかんじ。

d0053605_2052586.jpgボールに残ったチョコレートがもったいないので、また、溶かして、
フルーツケーキ用のフルーツの洋酒漬けをまぜ込んで、型で固めれば、こんなかんじ。
ブランデーが強く、私は、酔いそうですが・・・。
by madokae | 2006-02-14 20:56 | うちのごはん

忙しくても味噌は仕込みます!

d0053605_14214294.jpg味噌は、ずっと作り続けています。
結婚して、味噌を買ったのは、数回だけ。
手間はかかるけど、まず、失敗はないし、第一、美味しいもの。
手前味噌っていうやつですか・・・ね。
前の晩に水に漬けていた大豆を煮ます。大豆は2キロなので、圧力鍋で小分けして煮ます。時間短縮のため、隣の大鍋で、残りを煮ています。
d0053605_1429187.jpgその間に、麹と塩をよく混ぜ合わせます。「塩切り」という作業。麹は、豆と同量の2キロ、塩は1.2キロ、この他に発酵を助ける為に、去年の味噌を300gほど加えます。
d0053605_14344162.jpg豆は親指と中指に挟んで軽くつぶれるくらいの柔らかさに煮えたら、つぶせばいいわけ。
すりこぎ、袋に入れて叩く、フードプロセッサー、いろいろ方法があるけど、
我が家は、いつもは、ケーキ作りで活躍するキッチンエイドの挽肉用アタッチメントを使います。
つぶした大豆と塩切り麹と古い味噌を合わせます。
大きなたらいでもあればいいのだけど、ボール3個に分かれてしまうので、均一にするよう気を使います。
それを、ボール状にしっかり空気を抜いて丸めておきます。
この味噌玉が出来ればもう、一息です。
d0053605_14435062.jpg
d0053605_14442444.jpg

d0053605_14513072.jpg味噌玉をエイヤッっとカメの底めがけて、投げて詰めていきます。空気が入らないようにする技なんだけど、結構、コツが入るんですよ。カメは、焼酎で、良く拭いて消毒してあります。
1玉残して平らにならし、濡らして電子レンジでチンして、消毒したガーゼを敷いて、最後の1玉をその上から擦り込むように伸ばします。
これは、カビが上がった時、その部分だけ、きれいに取り除けると言う、技。
更に、ラップでピッタリ覆って、重石をします。私は、袋入りの砂糖などがピッタリしていいので、更に袋に入れてから代用します。


d0053605_14541562.jpg
d0053605_14552690.jpg


d0053605_14561319.jpg
d0053605_1575162.jpg

無事、出来上がりました。後は、夏を越せば、使えるようになります。
お味噌と一緒にお引越しですね。
ただ、洗い物が山のよう〜〜家中の大きな鍋、ボールが出た感じです。
by madokae | 2006-01-29 15:13 | うちのごはん

おせち

d0053605_16282988.jpgおせちと言っても、元旦だけあればいいので、
お弁当作る感じで、チョコチョコ作ります。
でも、黒豆はイイ豆を奮発して、じっくり、時間をかけて作ることにしてます。
なんと、5日かかります。
1日目は豆は米のとぎ汁で戻し、灰を水に溶いて、ゆっくり漉しておくだけですけどね。
2日目が大変。豆を灰汁で3時間煮て、重曹を入れ5時間置く。鍋に水道の水をちょろちょろ流し、水が澄んだら火にかけ沸騰寸前で、また、水をちょろちょろ。これを3、4回、水が澄むまで。
腹が切れた豆は除いて(これは、別に甘辛煮に)、蒸し器で豆を1時間蒸して、別に作った黒砂糖の蜜に漬ける。
3日目から5日目は、少しずつ砂糖を足して味を含める作業。
瓶に詰め、殺菌密封して出来上がり。
漆器のような輝きのお豆さんになります。でも、今年は、いい豆を買えなかったので、今ひとつの出来。 
d0053605_16284740.jpgd0053605_1629638.jpg


d0053605_16522073.jpg小さなお重に詰めた、おせちです!
一の重。定番の蒲鉾、伊達巻き。黒豆、少量作ったなます。毎年作る、松前漬け。
紫芋で作った怪しいくりきんとん、買った昆布巻、黒豆の汁に漬けた百合根
d0053605_16524452.jpg二の重は、いつも作る茹で豚、鴨のスモーク、カズノコ、子持ち昆布、スモークサーモンと千枚漬け。
隙間埋めに、なぜか、チーズ。

d0053605_1653347.jpg三の重は、煮物。
椎茸から煮てその汁で、鶏肉を煮るという感じに、素材別に煮付けます。
私としては、かなり、手抜きなしで、ダシも思いきり濃くとって、丁寧に作ります。
今年は、いい椎茸が手に入り、美味しかった。




お雑煮は、お吸い物系ですね。でも、いつもより、イイダシで。
具は、鶏肉、干し椎茸、竹の子、京人参、手毬麩に三つ葉かな。
本当は、父の実家、静岡のお雑煮が好き。餅は、四角なのだけど、焼かずに煮ます。
大根、人参、小松菜入りの、すまし仕立てなんだっけど、モミ海苔と、削り節を山盛りかけて、食べます。
絶対、こっちの方が美味しいと思うけど。
毎年、お刺身は、旦那が見繕って来ます。今年は、いい赤みのマグロ、鯛、たこ、
イカなど。
さばくのも、みんな旦那の仕事ですね。
by madokae | 2006-01-02 16:58 | うちのごはん

クリスマスイブ

ケーキ作りにそのラッピングと発送、スモークチキン作り、クリスマスカードを発送と、めまぐるしい12月。
クリスマスイブ前日には、すべて、完了して、ほっとするようにしています。
23日は、やっと、クリスマス気分にゆっくり浸れる、私にとって大切な日です。
デコレーションした部屋を眺めて、朝から、キャンドルを灯して、楽しみながら、クリスマスのご馳走を作ります。

ローストビーフと美味しいフランスのチーズの前菜にベビーリーフとチョリソのサラダ
d0053605_14305593.jpg
d0053605_14311794.jpg



d0053605_14341890.jpgd0053605_14355167.jpgきのこのいっぱいのキッシュ。もう一枚作って、こちらは、冷凍してお正月用にします。それとエスカルゴ、冷凍物ですけど、結構美味しかった。

d0053605_14403339.jpgそして、メインは、スモークチキン、いただきもののシュ−クルートを添えて。
ワインも開けましたが、下戸の私はなめただけです。
後、スモークチキンを作る際できる、大量のチキンスープで作った、コンソメもありました。
d0053605_15111635.jpg生パスタを茹でて、こちらは、アンチョビとニンニクのソース和え。
この時点で、かなり満腹でしたが・・・・。

d0053605_14444516.jpgフルーツケーキは、焼き過ぎたので、イブには違うケーキが食べたい。
今年は、冷凍のクレープ生地を使って、クレープのミルフィーユ。
チョコレートガナッシュを作って、クレープの間に塗り、重ねていきます。何層目かに薄切りのイチゴも挟みました。
丸い形に積み終わったら、半分に切って、重ねたので、半円のケーキになってしまったけど、二人ですから、ちょうどいい。
フルーツケーキのかけらも添えて、デコレーション。
ハートは、リンゴの皮のリキュール漬け。粉砂糖で、雪を降らして・・・。


d0053605_1512193.jpg
せっかくのクリスマスですから、おおいそぎで着物に着替えて、食べましたよ〜。
d0053605_15123888.jpg

d0053605_15185041.jpg    クリスマスプレゼントも帯留付き真田紐の帯締でした。
by madokae | 2005-12-25 15:23 | うちのごはん

今日は・・・

d0053605_11543514.jpg誕生日でした。
毎年、自分の誕生日どころではない、忙しさの中。
あんなにケーキを焼いたのに、自分用はなし。
買い物に出掛けた、旦那に注文して、ケーキ買って来てもらいました。
定番の丸いチョコレートクリームのデコレーションケーキです。

店員「ろうそくは何本ご入用ですか?」
旦那「?」(4●本って言う訳にも行かないしなあ・・)
店員「5本で、ひと袋です」
旦那「あっ、それでいいです」(1本10歳で、四捨五入か??)←するな!!
店員「プレートは有料になります〜」
旦那「いらないでス」(もう、めでたくもないだろう・・)←たしかに!

せっかく、ろうそくついているので、
旦那が、横で寝転んでTV観ている傍らで
部屋の電気消して、灯して、恥ずかしいので、すぐ消した〜。
でも、ろうそくの消した後の匂いが、なんとも、懐かしかったな。

食事は自分の誕生日なので、手抜きしました。
近くのスーパーに行ったら、駅弁販売していたので、
富山の鱒寿司、越後のいか飯、明石のひっぱりだこ(たこの釜飯)を
奮発。
駅弁って、高いよね。誕生日ですから・・・・
旦那には、笑われたけど。
後は、すごく新鮮な鯵を見つけたので、おろしてお刺身にし、
海老団子の(冷凍)具沢山汁物、にました。
ラクチンなのが、なによりです。


d0053605_11552638.jpg誕生日プレゼントは、すこぶる、実用的なものですが、
まあ、欲しかったものなので、○!
純銅のおろし金です。高いので二の足を踏んでいた代物です。
粗さが違っていて、両面使えます。
切れが悪くなったら、目立てして再生できます。
さっそく、鯵のお刺身用に生姜をおろしてみましたが、
さすがに、気持ちよくスリスリ出来ました。
by madokae | 2005-11-27 23:14 | うちのごはん

サフランの香り


d0053605_17331718.jpgバジルの香りが、夏の到来を思い起こさせるのと同じように、
サフランの香りは、寒い季節がまた、来たんだなあと思わせます。
今日は、サフランを使って、冷凍庫のムール貝、イカでブイヤーベース風煮込みを作ることにしました。
本当は、エビもほしいところなんですが。
隠し味に、アンチョビペースト、生協のドライトマトなどがブレンドされたイタリアンペースト。
そして、この瓶に、更に袋詰めされて、ちょっとしか入ってないサフラン。


d0053605_17415851.jpg
サフランは、ぬるめのお湯を注いで、蓋をして香りを出しておきます。
ケチらないで、たっぷりと使おう!
ウ〜ン。いい香り!


d0053605_1741260.jpg多めのニンニク、タマネギをオリーブオイルで炒め、ニンジン、ジャガイモも炒めて、アンチョビペースト、イタリアンペーストも加える。
庭のローズマリー、タイム、ローリエをぶち込んで、
サフラン液、スープブイヨン、ワインを注ぎ、
イカ、ムール貝も加え、あとは、ことこと、野菜が柔らかくなるまで、煮込むだけ。
d0053605_175174.jpgその間に、コールスローを作る。
キャベツとリンゴを刻み、塩胡椒、ハーブビネガー、オリーブオイルを適当にかけて混ぜておく。
時間が経つと、しんなり味が馴染みます。
写真の、ハーブビネガーは、夏の間に庭のハーブを、アップルビネガーにつけておいたもの。
今日は、ディル、ローリエ、ニンニクなどのブレンドのビネガーを使いました。
ウチは、ハーブが沢山採れるので、こうやって、保存しておきます。

d0053605_17581918.jpgそうしている間に、美味しい匂いがして来て、完成。
枝ごとぶち込んだ、タイムなどは、取り除いておきます。
スープに浸して食べるために、パンをオリーブオイルでこんがり焼いてみました。

今日も、旦那は出勤。遅くなるそうです。このところ、連日12時過ぎです。
お腹が空いたら、1人で食べることにして、
ここまで、作っておいてから、後は、私のフリータイム。
by madokae | 2005-11-06 18:06 | うちのごはん

今日もひとりごはん


d0053605_225906.jpgとうやから帰って、夕飯の支度を始めたら、旦那から遅くなるとの連絡。
「ほうとう」を作り始めていたのですが、
野菜だけ煮て、明日にまわすことしました。


d0053605_2325297.jpgそこで簡単パスタにすることにしました。
ニンニクと唐辛子をよく炒めて、トマトソースを加えます。
トマトソースは、夏のトマトの出盛りに作りためた、
秘蔵自家製サルサ・ポモドーロ。


d0053605_23161249.jpg茹で上がったパスタとからめてる。
パスタは、塩を効かせた湯で茹で、塩味をつけておくのがコツ。
「Penne all’Arrabbiata ペンネ・アラビアータ」
ペンネはペン先の形のパスタ。アラビアータは怒り。
怒っているほど辛いパスタ。
唐辛子3本使ったのに、あんまり辛くなかった。
かじってみても、辛くなかった、変な唐辛子???

d0053605_2362546.jpg昨日のハーブ焼きのイカに胡瓜とオリーブ、レモン汁を足して、マリネにして。
これも昨日の残りの南瓜スープ(昼もとうやで出ました。だから、冷やしたまま)
今日買った、壺小屋のパン。
デザートは、イチジクをマーマレードで煮たものと、ヨーグルト。

お腹いっぱい〜!!
by madokae | 2005-10-11 23:27 | うちのごはん

ローストチキンの行方


d0053605_1824468.jpgBBQの時に作った、ローストチキン、
二人では、当然残ります。
キャンプの時は、次の日以降、サラダやカレーに使います。
そして、削ぎ取って残った骨で、スープを取ります。
とことん利用するのだ!
そのスープでリゾットを作ることにしました。

d0053605_18103895.jpg今回は、お肉は、削ぎ取って、お皿に持って、目先を変えて、食べちゃいました。練り辛子を付けて、食べてみました。

d0053605_18112480.jpg具は、ビーンズミックスと炒めたタマネギのみじん切り、京菜、ローストチキンのお腹の中に詰めてあった、南瓜(自家製だよ〜)


d0053605_18123161.jpgお米は、洗わないで、そのまま、オリーブオイルで透き通るまで炒めます。
奥に見えるのが、スープです。

d0053605_18125273.jpgスープを少しずつ入れて、焦げないように混ぜ続けます。
水気がなくなったら、スープを足すって感じ。
黒っぽいのは、この場で思い出して、ドライトマトを加えてみました。
15分くらいかかります。
お米は、スパゲティーと同様、アルデンテ。芯が残る位の堅さに炊き上げます。
でないと、ただの洋風おじやになってしまう〜。

d0053605_18133567.jpg塩胡椒、ローズマリーで味を整え、
仕上げに、パルメザンチーズをふりかけ、京菜を盛って出来上がり。
骨からとったスープは、コンソメなどより優しい味がします。
by madokae | 2005-09-22 18:28 | うちのごはん

お月見BBQ


d0053605_1592892.jpg昨夜は、仲秋の名月。お月さまが、きれいでしたね。
知り合いの不幸があって、またも、キャンプ行きがキャンセルとなり、
持って行こうと思って、漬け込んでいた、鶏肉を食べるべく、急遽、お月見BBQとなりました。
こういう時、旦那と二人じゃあ、盛り上がらないのよね。ワンコもいなくなっちゃったし。
有り合わせで、畑の南瓜、ナス、ミニトマトなど。
白い長い物体は、おさかなソーセージ!
ホイルの中は、たら、チーズ、ベーコン、しいたけ、かぼすの輪切りなど。




d0053605_15121032.jpg
メインは、ダッチオーブンでゆっくり焼いた、ローストチキン。
外はこんがり、中はジューシーに出来上がって、ダッチオーブンはエライ!

d0053605_15152182.jpg
この怪しい物体は、おもち。
地鎮祭のお供えに買ったお餅を食べることにしました。
最初は、磯辺焼きで食べていたのだけど、
旦那が遊んで、モチピザ風、庭のバジルをちぎって、でも、けっこういけました。

庭で食べても、キャンプしている状況と変らない空気。
田舎だなあ・・・・。


d0053605_15241491.jpg
今日、新しい土地に植えた、ひまわり、物凄く茂って倒れていたので、切ってきました。
お彼岸なので、父母&ポルテに供えました。
明日は、旦那の方のお墓参りです。
by madokae | 2005-09-19 15:27 | うちのごはん