<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

川越へ

今日は、川越のリサイクル着物屋さんへ、Kさん、Nさんとでかけました。
お店は、空いていて、ほぼ、貸しきり状態、2時間も掘り掘り。
イイなあと思うのは、手が出ないお値段だし・・・・。でも。。。。
3人、たっぷり、2時間、楽しい時間を過ごしました。
収穫は・・・・・?今日のところは、秘密・・・ていうか、
まだ、写真撮っていないので。

d0053605_21344855.jpg近くのイタリアンレストランで、ランチ。
でも、デザートしか、画像がありません。着物の興奮も覚めやらずですし、お腹もぺこぺこで、ガツガツ食べちゃったので。


d0053605_21391262.jpg
写真がないことに気付き、途中の駅で、電車を待っている間に。
ローカル線だけに、旅行中みたいです。
荷物(?)も多いしね。
d0053605_2141486.jpg
d0053605_21421811.jpg
d0053605_2143636.jpg



d0053605_21435980.jpg
袷に季節になってから、まだ、木綿しか着ていない私。
天気が怪しい場合が多いので。今日は、雨が降らなくてラッキーでした。
半襟は、ドングリ柄のてぬぐい。

d0053605_21455644.jpg
会津木綿に黒木綿レース付け帯、木綿なので、付け帯でも、ゆるまないので、愛用してます。
キツツキのブローチを帯留に、根付けもドングリで。

d0053605_21495917.jpg
そして、わかりにくいけど、背中にもドングリのピンブローチの飾り紋(?)
水玉草履に茶色チェックの足袋。
正統派から、どんどん離れていくカジュアル系の私。
でも、今日は、ちょっと、オシャレな紬をゲット。

d0053605_21503453.jpg
d0053605_2151631.jpg
by madokae | 2005-10-08 21:57 | 着物

朝、電話があって・・・


d0053605_17194555.jpg
Kさんから急に連絡があり、別のサークルのお仲間と集まっている、
Tさんに会いに、また、とうやに行きました。
12人の集まりで、賑やかな中、隣で、ランチ。
Tさんたら、着物でいくぞ〜と言っていたのに、今日は、お洋服じゃん!!
ゆえに、カメラマンとなりました。

d0053605_17262255.jpg
久し振りに会えたので、Tさんだけ残って、
それでは、たまには違う場所へということで、
「コンブリオ」という近くのお店に行ってみました。
とうやとは、ぐっと趣の違うお店です。
お庭も広くて、手入れが行き届いていて、きれいです。
私の友だちの和布のバックが、展示販売中です。
帯などを上手に使ったバッグ、どれも素敵なんだけど、高い!

d0053605_1736882.jpg
ストーブ用の薪が、高く積まれていました。そこに佇む着物美人ひとり?
御指定のポーズ、アングルをTさんに注文つけている間に、
こっそり撮りました。
でも、結構いいじゃん。

d0053605_17383923.jpg
鉢植えも、とても、手入れがいいし。いい感じにレイアウトされています。
ココの、旦那さんが、庭師の役目をしているとか。
d0053605_17411170.jpg
ちょっと、小さくTさん登場させちゃいました。
着物は、純正統派なのに、洋服は、ぐっとカジュアル派。
そのギャップが・・・。
今度は、着物で会いましょうね。


d0053605_18145967.jpg
何かを染めるついでに染めた半襟、
色がきつくて、なかなか合わせにくかったので、唐草の刺繍をしてみました。
着物は、片貝木綿。
d0053605_18153088.jpg
帯は、珍しいリボン刺繍の帯、お気に入りなんだど、裏地が、裂けて来てしまった〜
柔らかすぎて締めにくいし、本当は、仕立て直すといいんでしょうね。
by madokae | 2005-10-06 17:30 | 着物

落ちちゃいました。


d0053605_12194331.jpg最近、オークチョンも、高値がついて、なかなか、落札までいきません。
なかば、ウィンドウショッピング的楽しみで、覗いていますが、
いいなと思ったのには、ひやかし入札してみたりするのですが。
この昼夜帯も、誰も入札していないので、低額入札してみて、
どうせ、終了真近に高値がつくんだろうと半分忘れてたら、なんと、落札。
気付かずにいて、出品者さんからキャンセルしますよ〜と連絡があり、平謝りの末、ゲットした始末!


d0053605_1219713.jpg昼夜帯って、好きなんです。
アンティークな柄行き、ぽってりした刺繍、裏の水色もきれい。
1600円、誰も入札がないってことで、
ちょっと、心配だったけど、この値段ならまあまあの状態。
汚れも、小さな穴も、染めむらもあるけど。
クリーニングはした方がいいかも、
安く買ったから、そのくらいは出せますね。

by madokae | 2005-10-05 12:11 | 着物

遅れてます!

家作りの方は、遅々として進んでいません。
土台の工事もまだの状態。
棟上げは、11月中頃になりそう・・・ってことは、
もしかしたら、土壁塗りは、年内は無理かも・・・・ってことは、
壁土が凍る危険があるので、その心配がなくなる頃に、壁塗りとなると、
予定を大幅に過ぎてしまうことに。
普通の工務店やメーカーに頼んでないので、予定通りに行かないのは覚悟してはいましたが、
ローンを組む時に、年内、登記ってことで、借りてるし、今住んでいる家の明け渡しだってあるし・・・・。
建たない物は、仕方がないちゃあ、それまでだけど。トホホ。


d0053605_1125133.jpg
そんな中、旦那は、「小舞」(こまい)作りを始めています。
壁塗りの土台になるもので、昔は、竹をシュロ縄で編んだ物で、
よく、古い民家の剥がれた壁から覗いている、アレです。
新しい方法として、薄い板を格子に組んで作ります。
アトリエで作っていますが、作り貯まったら、大工さんがいる下小屋に運んでいます。


d0053605_11292759.jpg普通は、ボルトで留めていく方法だそうですが、
隠れてしまうところとは言え、せっかく、木組みの家を建てるのに、
金属を使うのに、抵抗がありました。
そこで、旦那が考えたのは、穴を開けて、串(焼き鳥や鰻用)をボンドをつけて差していく方法。

d0053605_11351240.jpg恐ろしく手間がかかり、壁の量もかなりあるので、
大変ですが、時間は、この分じゃあ、かなりありそう。
ガイドをあらかじめ作って、それにあわせて格子を作っていきます。
大きさは、小さな図面を見ての作業ですから、
大きめに作って、現場で合わせていくそうです。

d0053605_11424466.jpg
串は、差し込んだら、頭を切るので、何回か使えます。
ゆえに、先を、再び削らなくてはならない。
そこで、懐かしい鉛筆削りの登場、こちらは、内職仕事のようです。
単純作業なので、結構辛い。
でも、ボルトよりは、美しく経済的ではある。


d0053605_11472016.jpg

元あった、古い家を撤去した時にでた、欄間、何かに使えるかな。
ものすごく、いいものって訳ではないけど。
by madokae | 2005-10-05 11:50 | 伝統工法の家づくり

青梅の街で、猫たちと遭遇。


d0053605_15211282.jpg
今日は、青梅の病院に薬を取りに行った帰りに、
ふと、思いつき、青梅の街を散策して来ました。
あいにく、月曜日が、お休みのお店が多かったので、ホントにブラブラ。
レトロな町並み、気をつけてみると、結構、面白いものがあります。
街のあちこちに、やたら、猫が、登場します。
バス停の小屋の中にあった、たくさんの板絵の中から・・・。

d0053605_15271542.jpg

d0053605_1527299.jpg

ラーメンやさんの看板にも猫。
そうやって見ると、お店の名前も猫と関係あるのかと想像してしまう。

d0053605_15304374.jpg

今日は、お休みの雑貨屋さんの、のれんにも、
めでたい猫が並んでいます。
d0053605_15352879.jpg
住宅の空き地の小さな一角には、猫の公園もありました。
猫の集会場になるのかしら。
でも、本物の猫は、不思議と見かけませんでしたけど。
近くに、猫グッズばかり売っているお店(今日はお休み)があるので、
その関係かしらね。
赤塚不二夫会館があるので、ニャロメのポスターもみかけました。

d0053605_15445244.jpg
青梅線が下を走る橋を渡ったところにある、レトロな喫茶店『夏への扉』
ココは、運良く開いていたので、ひと休み。
下を通る電車の音が心地よく感じる、のんびりとした、可愛いお店です。
明け放されたレトロな窓から、秋の日差しと風が。
ついつい、長居をしてしまいました。


d0053605_15473150.jpg
!!!栗のタルトが、すごくおいしかった。
中に入っている、クルミが栗と、よくあっていて、もっと食べたい感じでした。

d0053605_1552029.jpg
帰りの道で、また、発見!
目立たない窓のところに、蒲鉾の板(?)に描かれた、猫たち!



ps:「夏への扉」は11月の青梅のアートフェスティバルの時、皆で行きたいなと思って、久しく行ってなかったので、下見ですかね。
今年は、お店では特にイベントは企画してないそうですが、アンティーク着物で、行きたい感じのお店なんです。
今年のお祭りには、あがたもりおが、来るとか・・・。
by madokae | 2005-10-03 15:57 | その他

秋の畑


d0053605_12513419.jpg紫蘇が片付いたので、キャベツと白菜の苗をやっと植えました。
黒いビニールは、マルチといいますが、雑草と乾燥よけ、昼間の太陽熱を貯えるので、成長が違います。
ただ、農家では、産業廃棄物となり問題になっているそうです。3ヶ月位で、土に還る物も出ていますが・・・。

d0053605_1303126.jpg
        まだ、元気なナス。
        花もいっぱいついています。
        今年は、すごく大きくなりました。
        特別の肥料のせいかな?

d0053605_1305310.jpg
        オクラもまだ、採れそうです。
        2本しか植えなかったので、
        1、2本づづしか採れないのが、
        使い道に困ります。

d0053605_1354750.jpg
Yさんから、もらった泥葱は、畑の隅に埋めて保存。
隣では、ニラの花が終わって、実をつけています。

d0053605_13122018.jpg
畑の隅で、大木になっているのは、たらの木です。
肥料が効き過ぎたかな。
ちなみに、イイ具合に写っているログハウスは、
我が家ではありません〜。
この畑は、以前の借りていた畑に道路が通ることになったので、
そこの土を運んで、作った、大きな花壇のような畑です。
山の痩せた土を10年かけて、堆肥などをすき込んで、
畑の土らしくした貴重な土ですから。
旦那は、この土も一緒に引越すと言っていますが・・・・。

d0053605_13182840.jpgこれは、アサツキ。庭のプランターに入って、引越準備OKの状態。
真冬と真夏以外は、ずっと使えるので、便利。
植えっぱなしで世話もかからないし、美味しいし。
by madokae | 2005-10-01 13:22 | ガーデニング

紫蘇の実の季節


d0053605_10561062.jpg紫蘇の実が付き出すと、秋だなあと思います。
今年は、畑もあまり手をかけなかったので、こぼれ種の紫蘇畑状態でした。
ゆえに、紫蘇の実も沢山。毎年、塩漬けにするのですが、
何しろ、実を茎からしごき取るのが、大変。
自分の出来る範囲で、摘み取るのですが、その兼ね合いが悩むところ。

d0053605_11652.jpg

カゴ2杯摘み取りました。
ナス、ミニトマト、オクラ(1本づづしか採れないのもねえ)
庭のアサツキも収穫。

d0053605_12275232.jpg
         その晩、TVを見ながら、
         旦那も動員して、実を取りました。
         指がアクで真っ黒。
         でも、紫蘇のいい香りが部屋に漂います。

d0053605_12303922.jpg 
あとは、洗ってから、5分ほど茹でて、瓶に塩と交互に詰めるだけ。
あんなにあったのに、瓶に2個となりました。
紫蘇は、殺菌作用があるから、1年以上もちます。
即席づけに入れたり、お寿司に混ぜたり、
おにぎりに使ったり、
ナスとみようがと一緒に赤梅酢に漬けてしば漬けもいい。

それにしても、すっかり、夜も更けてしまいました。
by madokae | 2005-10-01 12:49 | 手作り