<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今日は・・・

d0053605_11543514.jpg誕生日でした。
毎年、自分の誕生日どころではない、忙しさの中。
あんなにケーキを焼いたのに、自分用はなし。
買い物に出掛けた、旦那に注文して、ケーキ買って来てもらいました。
定番の丸いチョコレートクリームのデコレーションケーキです。

店員「ろうそくは何本ご入用ですか?」
旦那「?」(4●本って言う訳にも行かないしなあ・・)
店員「5本で、ひと袋です」
旦那「あっ、それでいいです」(1本10歳で、四捨五入か??)←するな!!
店員「プレートは有料になります〜」
旦那「いらないでス」(もう、めでたくもないだろう・・)←たしかに!

せっかく、ろうそくついているので、
旦那が、横で寝転んでTV観ている傍らで
部屋の電気消して、灯して、恥ずかしいので、すぐ消した〜。
でも、ろうそくの消した後の匂いが、なんとも、懐かしかったな。

食事は自分の誕生日なので、手抜きしました。
近くのスーパーに行ったら、駅弁販売していたので、
富山の鱒寿司、越後のいか飯、明石のひっぱりだこ(たこの釜飯)を
奮発。
駅弁って、高いよね。誕生日ですから・・・・
旦那には、笑われたけど。
後は、すごく新鮮な鯵を見つけたので、おろしてお刺身にし、
海老団子の(冷凍)具沢山汁物、にました。
ラクチンなのが、なによりです。


d0053605_11552638.jpg誕生日プレゼントは、すこぶる、実用的なものですが、
まあ、欲しかったものなので、○!
純銅のおろし金です。高いので二の足を踏んでいた代物です。
粗さが違っていて、両面使えます。
切れが悪くなったら、目立てして再生できます。
さっそく、鯵のお刺身用に生姜をおろしてみましたが、
さすがに、気持ちよくスリスリ出来ました。
by madokae | 2005-11-27 23:14 | うちのごはん

ケーキ、大量に焼いてます。

d0053605_21591052.jpg四角いのは、洋梨のモイストケーキ、カテ−ジチーズと生クリーム入りのしっとり系。
奥の黒っぽいのは、ボローデルティーブレッド、レーズンたっぷりの英国の古いレシピのケーキで、薄く切って、バターを塗って食べると紅茶にあうの。
丸いのは、トマトのスコーン。甘くないトマト入りのスコーン。
焼き上がったものを、密封冷凍して、保存して、3日に売ります。

d0053605_2223861.jpg
キッチンは、粉まみれで、戦場のようです!
長年、続けているので、慣れたもんで、一日で、3、4種類くらい、焼けます。
クッキーなどは、種まで作って、冷凍し、直前に焼くようにしています。

d0053605_2284588.jpg
キッチンエイド。これが、私の秘密兵器です。
ケーキはもちろん、パン用の羽根でパンも麺類もこねることが出来ます。
アタッチメントをつければ、ひき肉を挽いたり、ソーセージを作ったり、スパゲティを製麺したりも出来ます。
このスケールも大分、長い付き合いです。
ケーキは、科学変化だから、分量は、正確に計ります。

後ろのメモは、大量に焼くので、分量を計算したもので、手順もメモってあります。
これが、本をいちいち開けないで済むので、意外に、便利なのです。
手前のケーキ型は、もう何十年も使っている、年季のあるものです。
かなり、沢山持っています。
by madokae | 2005-11-26 22:22 | 手作り

庭の解体は続く・・・。

d0053605_21164252.jpg玄関先のツゲの木、旦那のお母さんの形見なので、ココに引越して来る時も、持って来ました。
またも、お引越しです。
常緑樹は移植の前、3ヶ月前に根を切るといいというので、根をぐるりと切りました。
根元に、鳥からのプレゼントのピラカンサが、生えているので、一緒にするしかありません。
どうしたものかなあ・・・。
一回、抜いて、埋め戻し、細根を育成するのが本当なのですが、横の根を切るのが、私の力では精一杯でした。まあ、なんとかなるでしょう。
d0053605_21231991.jpgこちらは、月桂樹の木、トピアリ−仕立てです。こちらも、根を切ってあります。
これも、植えた時は、60センチ位でしたが、12年経って
こんなに大きくなりました。
月桂樹は、移植に弱いとか、心配だけど、トライします。
d0053605_21265798.jpg大物の鉢上げもボチボチ始めました。落葉樹は、葉が落ちて休眠期が、移植の時期です。
こちらは、バラの原種のスイートブライア。
かなり深く根が張っていて、苦労しました。
思ったより、根を長く掘れなかったので、上の部分も思いきり剪定してしまいました。
葉がイイ香りがしますが、すごい棘の持ち主で、手が傷だらけになりました。
隣の、アーチに絡まるバラも掘る予定ですが、先が思いやられます。こちらは、まだ、花が咲いているので、もう少し待つつもり。
d0053605_21344027.jpg
花壇の物も、ほとんど、鉢上げしたり、新しい土地に移植しました。自分でも、よく集めたものだと感心します。
水仙などの秋に掘り起こした球根も沢山あります。
どうしたものかと思いましたが、移植した鉢のあちこちに突っ込んで、引越すことになりました。
掘ると、土が、ずいぶんよくなっているのに気がつきました。12年の成果だなあ。
大物だけが、残ってしまいました。

d0053605_21394825.jpg
花も咲き、寒くなって葉の色が冴えて来たリシマキアの間からでているのは、スイカズラ。思いきり刈りつめてしまい、後は、掘り返すばかり。
大変そうだあ・・・。
d0053605_21424526.jpgこちらは、クレマチスが、2種からまっています。クレマチスは、移植が難しいのですが、果たして、上手く引っ越せるでしょうか。
そんなに、珍しい品種ではないのだけど、長年、付き合っているので、置いていくのも忍びないので。一応、保険として挿し木もしてあるのです。

そんなわけで、ココ何日かは、暖かい日が続いたので、庭の引越し準備をしています。
by madokae | 2005-11-26 21:56 | ガーデニング

青梅アートフェスティバル後編

青梅のお祭り2日目。早めに着いたので、
また、G店の蔵でひとやすみしてから、集合場所、駅へ向いました。
青梅駅に着物姿が大集合!ぞろぞろ会場の住吉神社へ。
私達地元組は、ショートカットで、近道してます。

張り切って、早起きしたので、お腹ぺこぺこ。
まずは、神殿で用意された食事で、腹ごしらえです。
風の盆おわらを見学。
そして、着物ショウ、十二単の着付けショウを見学。

十二単、見た目はとても優雅ですが、何枚も重ねて、
かなりの重さになるそうで、大変そう。
「お方様」は、そんなに激しい動きはしないものの、どんな人でも、あれだけ着込めば、静々とした風情になるかも。
今の着物は、これに比べたら、ぐっと、活動的ですね。

d0053605_11191156.jpg住吉神社境内で、記念撮影。
外での着物ショウ、時折、吹く木枯らしで、枯れ葉がハラハラ舞う・・・
すっかり、身体が冷えました。

d0053605_1124305.jpg前日も行った、レトロな喫茶店へ暖を取りに。
大勢で押し掛けた着物軍団のために、奥の和室をあけてくれました。
レトロな和室に、これまた、渋いアンティークのつい立て、火鉢などなど。
この画像は、そのつい立ての見事な刺繍です。

d0053605_1129389.jpg
赤塚不二夫記念館で。
赤塚不二夫氏は、病気療養中、頑張って欲しいですね。
彼が産み出した、数々のキャラクタ−の前で。

d0053605_1131858.jpg着物だと、一区間無料の人力車。
乗り心地抜群で、気持ちよかったです。
12年前にやはり、このお祭りで乗った時は、未だ、着物に目覚める前。
近くで、着物を着付けてもらって乗りました。
その時は、自前の着物で再び乗るとは思いもよりませんでした。


d0053605_11383147.jpg今日は、菊がテーマ。菊柄の大島に、アンティーク帯。
この帯、短い!苦心の末、結んだものの、羽織が脱げない状態でした。
頑張って、足し布するしかないかなあ。
帯留も万寿菊に刺繍。
ついでに、羽織紐も古い銘仙で作ったものです。
d0053605_1202031.jpgお煎餅をお土産に買って、
期間中走るシャトルバス、ボンネットバスで駐車場まで乗り継ぎ、帰りました。
by madokae | 2005-11-21 11:44 | 着物

青梅アートフェスティバル前編

d0053605_10195632.jpg土曜日、青梅のお祭りに1人ででかけました。
お祭りの一環として、行われている『里山と在る』展に、同級生が展示しているので、
それを観に行きました。
日曜日は、時間が取れそうにないので。
展示されているのは、古い織物工場の広いスペースでした。
使われなくなった古びた機械がつまれていて、何とも、味のある空間でした。
彼女は、鉄を使った作品を作り続けている、モダンアートでは、メジャーな彫刻家です。
写真では分かりにくいけど、天井付近の鉄の輪が、彼女の作品。

d0053605_10293589.jpg使われなく放置されたままの織物の機械が沢山ありました。
昔は、さかんに織物が作られていたんでしょうね。
なんだか、昔の喧噪が聞こえてきそうな、不思議な空間。
なんとか、青梅市にこの空間を、展示スペースとして残して欲しいと交渉しているそうです。

d0053605_1034198.jpgそのあと、G店が出店している場所へ。
小さな蔵を解放したお店でした。お客さんが沢山!
私は、雀がらのバッグとモスリンの半襟用の生地をゲット。
OkさんwAさんに遭遇し、近くのお気に入り喫茶店にご一緒しました。
青梅散策
帰ると、OさんとSさんにも遭遇しました。
1人で行っても、知り合い会えてるって、楽しい。

d0053605_1242523.jpg
「林静一原画展」を覗きに行きました。
小梅ちゃんです。
印刷物しか観たことがなかったのですが、原画は、ことのほか繊細できれいでした。
御本人のサイン会も開かれていました。

d0053605_1050048.jpg
G店で誂えた銘仙にトランプ帯。
見えないけど、長襦袢もトランプ柄モスリン、
帯留も自作のトランプ柄陶器。
草履は、黒地の水玉、足袋も水玉柄を新調しました。

d0053605_10521945.jpg
3時過ぎて、日が陰ると、寒い寒い〜。
明日は、防寒を考えなくてはと、心に決めて帰路につきました。

d0053605_1291365.jpg本日の収穫。
雀柄バッグ、裏も雀柄です。
モスリンの生地、半襟用。
和布のアームバンド(改造して髪飾りにします)と
鶴柄の根付け。
by madokae | 2005-11-21 10:56 | 着物

進展なし!

d0053605_172118.jpg
あたりは、すっかり秋の景色になっていますが、
家の建築は、土台の工事が未だ、途中の段階です。
今は、近くの下小屋で、大工さんが、コツコツ木取りの仕事している状態です。
今月末に、上棟式の予定なんですが、本当に大丈夫なんだか、心配です。

d0053605_1754743.jpg
土曜日、家の植物を少し移しに1人で行きました。
家の建つ場所の一段下の日陰になる部分に、堆肥など入れて耕して、我が家のシェードプランツを移植。

だけど、日向の移植スペースに春から植えてあった、ハーブのレモングラスの救出が、第一目的です。
タイ料理や、ハーブティに使われるものですが、こちらに植えたら、株が5倍の大きさに成長。
ちょっと見は、強大なススキです。
耐寒性がないので、掘り上げて、家の中に入れなくてはなりません。

d0053605_17144678.jpg葉をカットして、掘り起こすだけでも大変。
春に、「薔薇とガーデニングショウ」で、買ったこの道具(スペード)が、力を発揮しました。
どんな根でもスパッと切れ、土にググッと入っていきます。
高かったけど、買っておいてよかった!これからも活躍しそうです。

こんなに、葉を収穫!爽やかなレモンの香り!
とても使い切れないので、妹と先日、リース講習をやった、アロマ教室に送りました。

d0053605_17161646.jpg
我が家の実用一点張り、オンボロジムニの荷台は、泥だらけです!
レモングラスの株を、車の荷台に持ち上げられるか、不安でしたが、
何とか納まりました。
家に帰って、鉢に植え替えましたが、重くて、未だ、玄関に入れたままです。
旦那も、腰が危ないと言っているので、
まあ、しばらくは、がまんしよう。

by madokae | 2005-11-14 17:27 | 伝統工法の家づくり

ひさしぶりに母校へ

d0053605_15114116.jpg夕方、リースの講習を終えて、その足で、母校であるM美大に向いました。
私と旦那の大学時代の教授の退任記念展のオープニングパーティに出るため。
旦那は、先に車で着いていましたが、私が、最寄りの駅に着いた時は、もうすっかり日が暮れていました。
懐かしい玉川上水沿いの歩道を歩きましたが、こんなに真っ暗だったかしら?
でも、遠い昔の思い出が蘇って、ちょっと、胸キュン。
写真は、大学の正面ですが、なんだか、よくわかりませんね。


d0053605_15293790.jpg大学のお偉方、在校生、卒業生など結構な人が集まりました。
同級生が、教授になっていますし、今年からT美大の教授になったNチャン(女性)にも久し振りに合いました。
旦那が予備校で教えた在校生にも合いました。
私達が大学生だった頃の、この教授と同じ歳になってしまった・・・・。
身体の具合が悪いとのことでしたが、元気そうなのでよかったです。
ちょっと、お茶目な教授に、サインももらってきました。

d0053605_1539288.jpg
パーティ会場に隣接した、展覧会の空間。
この作品のタイトルは「バカゲタ タマゲタ オオワライ」

d0053605_1541146.jpg手前の作品は「テンマデトドケ ユメノ マタユメ」
その奥が「テクテクテクテク」

作品のタイトルが、みんなカタカナなんです。
多くの作品が、集まって、見ごたえのある展示でした。
d0053605_15583385.jpg
同級生のNチャン(いつまでたってもチャンづけですが)、女流彫刻科としては、かなリメジャーなのです。
なんと、今、青梅在住だと知りました。
青梅のアートフェスティバルにも、一枚噛んでいました。
展示や、トークセッションなどをするそうです。
T美大やM大の学生の作品の展示ももあるそうです。
by madokae | 2005-11-11 16:12 | その他

クリスマスリース

d0053605_14562291.jpg妹の友人のアロマ教室で、クリスマスリースの講習を頼まれ、江東区森下まで、行って来ました。
妹の他に、生徒さん5人、そして、教室の先生の妹さんも加わって、わいわいと制作。
キットのような、通り一遍の物を作るのでなく、皆、それぞれ、好きなデザインで作ってもらうのが、私流で、基本のちょっとしたコツだけを教えてあげるだけ。
初めてでも、不思議と、その人らしい物ができるんです。

アロマ教室だけに、美味しいハーブティもいただきました。
デジカメを忘れてしまったので、私の写真が小さい!
後から、他の人が撮った画像が送られて来たら、アップし直します。

今日は、残っていた材料で、自分用のリースを作りました。
あえて、シンプルな、エバーグリーンリース。
柊の棘で、血を見ながらの制作でした。
柊の棘の先を、ハサミで落とすのがコツなんですが、大変なので、ちょっとサボった結末です。
d0053605_1575694.jpg

by madokae | 2005-11-11 15:09 | 手作り

秋晴れの中、とうやへ

d0053605_17221527.jpgイイお天気なので、すっきりお目覚め!
今日は、火曜日なので、とうやに、でかけました。
先日の続きのタイルの試作品を作りに。
新しい家のキッチンに貼る予定なのですが、勝手が分からず、試し焼きをしようと思って・・・。
今日は、着物に合う帽子をゲットしたので、初おろしです!
一見、大島か?と思うような柄のウールに、アンティーク刺繍帯。
アンティークなのに、何も直さなくて着れたレアな羽織。
帯の刺繍が細かく派手だし、羽織紐が、エスニックなネックレスを改造したものなので、今日は、帯留なしのまるぐけです。
羽織を一枚着て、ちょうどいい季節!
着物を着るのが、より楽しいです。
d0053605_1733750.jpg
すでにWさん、Aさんは製作中でした。
朝から何も食べていなかったので、まずは、腹ごしらえ。
今日は、鍋焼うどんです。
暖まりました〜。
食事が済んだら、今度は、いつものコース、壺小屋に薪釜パンを買いにちょっと出ました。
d0053605_17375413.jpg
再び、舞い戻って、お庭で撮影タイム。
下の河原はすっかり秋の装いの中、Wさんと。
今日は、日ざしも暖かい、気持ちのよい一日でした。

d0053605_1739104.jpg
        Wさん、火曜日、とうや、陶芸の日は、
        皆勤賞ですね!
        Aさんの写真も陶芸中の写真もなかった〜

d0053605_17424241.jpg
付いている花が、いまいち張りがなくクタクタなので、何とか、直したいと思っているのですが。
頭が、暖かくて、癖になりますよね。帽子って。
d0053605_17453177.jpg
先日、浅草で買った、鎌倉彫に印伝の鼻緒の下駄、銀座で買った足袋。
こちらも、初おろしです。
このところ、家や庭仕事が忙しくて、久しぶりの着物。
満喫しました!
by madokae | 2005-11-08 17:50 | 着物

サフランの香り


d0053605_17331718.jpgバジルの香りが、夏の到来を思い起こさせるのと同じように、
サフランの香りは、寒い季節がまた、来たんだなあと思わせます。
今日は、サフランを使って、冷凍庫のムール貝、イカでブイヤーベース風煮込みを作ることにしました。
本当は、エビもほしいところなんですが。
隠し味に、アンチョビペースト、生協のドライトマトなどがブレンドされたイタリアンペースト。
そして、この瓶に、更に袋詰めされて、ちょっとしか入ってないサフラン。


d0053605_17415851.jpg
サフランは、ぬるめのお湯を注いで、蓋をして香りを出しておきます。
ケチらないで、たっぷりと使おう!
ウ〜ン。いい香り!


d0053605_1741260.jpg多めのニンニク、タマネギをオリーブオイルで炒め、ニンジン、ジャガイモも炒めて、アンチョビペースト、イタリアンペーストも加える。
庭のローズマリー、タイム、ローリエをぶち込んで、
サフラン液、スープブイヨン、ワインを注ぎ、
イカ、ムール貝も加え、あとは、ことこと、野菜が柔らかくなるまで、煮込むだけ。
d0053605_175174.jpgその間に、コールスローを作る。
キャベツとリンゴを刻み、塩胡椒、ハーブビネガー、オリーブオイルを適当にかけて混ぜておく。
時間が経つと、しんなり味が馴染みます。
写真の、ハーブビネガーは、夏の間に庭のハーブを、アップルビネガーにつけておいたもの。
今日は、ディル、ローリエ、ニンニクなどのブレンドのビネガーを使いました。
ウチは、ハーブが沢山採れるので、こうやって、保存しておきます。

d0053605_17581918.jpgそうしている間に、美味しい匂いがして来て、完成。
枝ごとぶち込んだ、タイムなどは、取り除いておきます。
スープに浸して食べるために、パンをオリーブオイルでこんがり焼いてみました。

今日も、旦那は出勤。遅くなるそうです。このところ、連日12時過ぎです。
お腹が空いたら、1人で食べることにして、
ここまで、作っておいてから、後は、私のフリータイム。
by madokae | 2005-11-06 18:06 | うちのごはん